ウサギノネドコの世界

自然の造形美展2 「ウニのない人生なんて」は引き続き開催中ですが、
本日の8/8(土)をもって1週間の夏期休暇に入ります
(夏期休暇期間: 8月9日(日)〜8月16日(日))

ご興味のある方は是非、
今日、もしくは休み明けに行ってみてくださいね
(展示は9月5日(土)まで続きます/毎週日曜閉廊)

さて…

お休み明けの8月19日(水)からは、
東京の別の場所で、もうひとつの展示が行われることになります。

タイトルは…

picture1

場所は東京•六本木の国立新美術館の地下1階、
SFTギャラリーになります。

これまでウサギノネドコが手掛けて来た
「sola cube(植物)」「旅する小惑星(鉱物)」「uninoco(棘皮動物)」
などなど、さまざまな標本プロダクツを展示販売いたします。

目玉の展示物としましては

2年前に開催しました「自然の造形美展」で展示した
種子散布に着目した、大型の標本を展示いたします。

メインヴィジュアルのタンポポの綿毛は、
レーザー彫刻した大型のキューブを撮影した写真を使っています。

2013年6月の自然の造形美展

自然の造形美展2 「ウニのない人生なんて」
が開催されている渋谷のギャラリーとも近い場所での開催ですので、

2つの展示を両方ご覧頂くと
「自然の造形美展1」→「自然の造形美展2」という流れが
ご覧になれて、より楽しめるかと思います。

——————————-
ウサギノネドコの世界展 開催概要
——————————-

■場所: 国立新美術館 地下1階 SFT GALLERY

■住所: 東京都港区六本木 7-22-2 国立新美術館 B1
    (最寄駅: 乃木坂駅/六本木駅)

■期間: 2015年8月19日(水)〜10月19日(月)

■定休日: 火曜日(美術館の休館日と同様)

■時間: 10:00〜18:00(金曜日のみ20:00まで)

■URL: SOUVENIR FROM TOKYO

自然の造形美展2 「ウニのない人生なんて」

あぁ… ようやく、ようやく発表できる段階になりました。
この展示のために半年以上、こつこつと準備を進めておりました。

今月末、2015年7月31日(金)から9月5日(土)まで、
東京のギャラリー、(PLACE) by methodで、
自然の造形美展2 「ウニのない人生なんて」を開催いたします。

UNI_9_full

「自然の造形美展」は2013年6月の
Gallery Kissaでの企画展以来、2回目の開催になります。

1回目の自然の造形美展の様子

3回、4回、…10回…と続けていくぞ!
という意味もこめて、今回は「自然の造形美展2」としております。

「自然の造形美を伝えていくこと」を
ミッションとして掲げているウサギノネドコとしては、
そのものずばりのタイトルをつけた本展示には、
相当な気合いを入れております。

今をときめくバイヤー、
山田遊さん率いるmethodさんにお声掛けいただいたことから
展示会をさせていただくことになりました。

展示テーマは

「ウニの造形美」

昨年は京都店でウニ展を開催してまいりましたが、それを更に発展させたような形で、
ウニの魅力と美しさに迫れたらと思っています。

言いたいこと、伝えたいこと、たくさんありますが…

とにもかくにも…

見にいらしてください!

——————————————-
自然の造形美展2 「ウニのない人生なんて」 by ウサギノネドコ
——————————————-

京都を拠点に「自然の造形美」を伝える活動を展開するウサギノネドコ。
本展示はそのウサギノネドコによる「自然の造形美展」の第二弾にあたります。
展示テーマは「ウニの造形美」。全世界から集めた100種類近くの希少で美しい
ウニの魅力に迫ります。アクリル封入、立体スキャン、3Dプリントなどの
技術により、引き出された美しいウニ世界をご堪能ください。

■株式会社ウサギノネドコ
クリエイティブディレクターの吉村紘一が代表をつとめ、自然の造形美とその物語を楽しむことを伝える活動をしています。オリジナルプロダクトとしては、「sola cube」「旅する小惑星」「uninoco」など。今秋には本拠地の京都で「博物カフェ」をコンセプトにしたカフェをオープン予定。

■会期  2015年7月31日(金)〜9月5日(土)

■時間  12:00〜19:00

■閉廊日 毎週日曜日/8月9日(日)〜8月16日(日)の間、夏期休暇

■展示場所  ( P L A C E ) by method
  東京都渋谷区東1-3-1 カミニート #14
  tel 03-6427-9296
  URL http://wearemethod.com
——————————————-

初日の7月31日(金)の19時〜21時には、
methodさんにオープニングレセプションを企画してもらっていまして、
ウサギノネドコの代表の吉村も在廊いたします。

よろしければこちらも是非いらしてください!
(翌日の8月1日(土)も終日、在廊すると思います)

タンポポの sola cube 入荷しました

タンポポの sola cube

昨年末から品切れが続いていたウサギノネドコの看板商品、タンポポの sola cube が入荷しました。
今にも飛び立ちそうなふわふわの綿毛をアクリルキューブに閉じ込めています。
生産できる時期や数も限られているキューブです。
ぜひ店頭で実物をご覧くださいませ。

NEVEの新作入荷!

allitems

ファンの皆様お待たせしました。
鉱物原石アクセサリー「NEVE」の新作が入荷しました!
ウサギノネドコの店頭にはピアスやバングル、ブレスレットが30点以上揃っています。
原石リングは後日入荷予定ですのでそちらもお楽しみに。

Webショップでは販売開始と同時に売り切れてしまう人気商品を、手にとってお選びいただけます。ぜひお早めにチェックしてくださいね。

quartz
piace

ウサギノネドコノサクラ展

sakura

2015年4月1日(水)〜5月11日(月)

京都を拠点に「自然の造形美」をテーマにしたプロダクトを発信するウサギノネドコ。そのメインプロダクトのひとつであるサクラのsola cubewにスポットを当てた、春らしいフェアを行います。4種類のサクラのsola cubeや、限定生産の大型のサクラ標本も展示販売いたします。代官山 蔦屋書店の店内で満開に咲いたサクラを見に、足をお運びください。

代官山 蔦屋書店
東京都渋谷区猿楽町17-5
tel 03-3770-2525
営業時間:7:00〜26:00

ホネ展開催のお知らせ

honeten

昨年開催しました世界中のウニの骨格を集めた「ウニ展」に続き、今年は様々な動物の骨を集めた「ホネ展」をウサギノネドコの1階にて開催いたします。

キリン、インパラ、オグロヌー、チベット山羊…などなど世界各国から集まった、さまざまな動物の骨格標本を展示し、販売もしております。どうぞ気軽に足をお運びくださいね。

————————–
ホネ展開催概要
————————–
■期間     2015年2月6日(金)〜3月30日(月)
■定休日    火曜日/木曜日
■時間     12:00〜18:00
■場所     ウサギノネドコ(京都市中京区西ノ京南原町37)
■地図     http://www.usaginonedoko.net/chizu/index.html

また期間中、骨の魅力に深く迫る、トークイベントとワークショップを3日間開催いたします。どれも知的好奇心を刺激する、楽しい会になること必至です。場所の関係上、参加人数がいずれも限られますのでお申し込みはどうぞお早めに!
(申し込み方法はこのページの一番下をご覧ください)

—————————————————-
★ホネトーク day1 (02.21 sat. 18:00〜)
「古生物アーティストに学ぶホネの魅力」
—————————————————-
10860926_1607927132763775_6772958749221321913_o

古生物の復元画を描いていらっしゃる小田隆さんを
お招きして、骨の魅力についてお話頂きます。

小田隆さんは美術解剖学をベースに
研究者と共同で博物館のグラフィックや、図鑑や絵本などで
古生物の絵を描いていらっしゃいます。

生物の筋肉、そして骨の構造を徹底して理解していらっしゃるこそ描ける、
その緻密な絵は息をのむ美しさです。

●SNSで話題になった小田さんが描いた「ガチャピンの骨格図」
●小田さんが作品として描かれた「キリンの頭骨のメイキング」

実は今回、「ホネ展」に合わせてウサギノネドコのコレクションである
チベット山羊の頭骨を描いて頂いております(上の画像)。
こちらのメイキングについても、お話を聞かせて頂いたり、
トーク中にライブで絵を描いて頂こうと思っています。
どうぞふるってご参加ください!

■日時:   2015年2月21日(土) 18:00〜21:00
受付:     18:00〜18:30(ウサギノネドコ閉店後)
トーク:    18:30〜20:30
フリータイム: 20:30〜22:00

■ 参加費: 3,000円(ワンドリンク+カレーのケータリングつき)
※二条駅近くの超人気カレー店の森林食堂さんにカレーのケータリングをお願いしています。
ホネ展だけに「ホネ付きのカレーを」お願いしています。楽しみ〜♪
※ドリンクはビール、ワイン、ソフトドリンクをご用意いたします(2杯目以降別途料金)

■ 定員: 20名
※ お申し込みはメールにて。このページの一番下をご参照ください。

—————————————————-
★ホネトーク day2 (03.01 sun. 14:00〜)
「見る、触る、学ぶ、ホネのワークショップ」
—————————————————-
10931380_347683448768108_909842512777183997_n

ホネトークday2はホネを実際に目の前に、そして触りながら、
ホネの魅力に迫っていくワークショップ形式で進めていこうと思います。

前半は、なにわホネホネ団 団員、生物大好き!の木登りヤギさん、
後半は、元高校生物教諭でホネの魅力に魅せられた井崎淳平さんを
お招きしております。

★木登りヤギさんによるワークショップ(14:30〜15:30)
カメの甲羅、そしてイルカ(スナメリ)の頭骨を題材に、
みんなで観察し、そして触りながら、陸と水で生きる動物の違い、
そして進化の話に迫っていきます。木登りヤギさんの生き物に対する
溢れんばかりの熱い想いに触れたあとは、水族館や、動物園に
行って動物達に触れたくなること間違い無しです!

★井崎淳平さんによるワークショップ(16:00〜18:00)
「骨の比較解剖学とワークショップ」というテーマで
進めて頂きます。比較解剖学というと難しい印象をお持ちになるかも
ですが、違う動物の同じ部位(背骨、手足、頭)を見ながら、
祖先が共通であることによる「共通性」や、生態が変わって
来たことによる「多様性」にも迫っていきます。
さすが元生物の先生!ということで理論に裏打ちされた生物の話は
とても魅力的で引き込まれること間違いありません。
(上の写真は井崎さんによるイノシシの頭骨のスケッチ)

■日時:   2015年3月1日(日)
木登りヤギさんの会
14:00〜14:30 受付
14:30〜15:30 ワークショップ
井崎淳平さんの会
16:00〜16:30 受付
16:30〜18:00 ワークショップ

■参加費:  いずれか会に参加の場合:2,000円(コーヒー+ホネクッキーつき)
両方の会に参加の場合: 3,000円(コーヒー+ホネクッキーつき)
※両方のワークショップに参加の場合、コーヒーは1杯、クッキーは一袋になります。

※二条駅近くにあるスペシャルティコーヒーの豆をつかった美味しいカフェ、
パランさんの美味しいコーヒーと、このイベントのためにつくって頂く「ホネクッキー」をご用意いたします。

■ 定員: 各回 15名
※ お申し込みはメールにて。このページの一番下をご参照ください。

—————————————————-
★ホネトーク day3 (03.22 sun. 14:00〜)
「なにわホネホネ団、団長さんに学ぶホネの見所」
—————————————————-
IMG_1068

ホネトークday3、最終日は大阪市立自然史博物館外来研究員で、
同博物館を拠点に活動する「なにわホネホネ団」の団長である
西澤真樹子さんにお越し頂き、ホネの魅力について語って頂きます。

なにわホネホネ団は2003年にたった3人からはじまった活動ですが、
今や300名を越す団員が在籍する日本最大のホネのボランティア集団に。
毎月博物館に集まる動物を標本化し、その数は数千点を超えるとか。

また西澤さんはホネの絵本を書かれたり、
ホネ好きによるホネの文化祭「ホネホネサミット」の
開催に尽力されたり、多くの人にホネの魅力を伝える活動をされています。

そんな西澤さんにホネの魅力を、文字通り「骨の髄まで味わう」
お話をお聞きしたい思っています。

【西澤真樹子さんのご紹介】
●ジモリの人 Vol3. 飯能の森を歩くことも、私にとって大切な授業だった
●「君も、なにわホネホネ団に入らないか!?(1)-(3)」

【西澤真樹子さんの著書】
●「ホネホネたんけんたい」のシリーズ
●「ヤモリの指から不思議なテープ」

【なにわホネホネ団】
●なにわホネホネ団公式ウェブサイト

■日時:   2015年3月22日(日)
14:00〜14:30 受付
14:30〜16:30 トークイベント

■参加費:  2,000円(コーヒー+お茶菓子つき)

■定員: 20名
※ お申し込みはメールにて。このページの一番下をご参照ください。

—————————————————-
★ トークイベント、ワークショップへのお申し込み
—————————————————-

下記、ご記入の上、hone@usaginonedoko.netまでメールにてお申し込みください。
(お問い合わせも上記アドレスまでご連絡ください)
※ お子様の参加をご希望の方は、ご相談ください。

————–————–
1 お名前
2 参加ワークショップ
→02.21 18:00〜「古生物アーティストに学ぶ骨の魅力」(小田隆さん)
→03.01 14:00〜「見る、触る、学ぶ、ホネのワークショップ」(木登りヤギさん)
→03.01 16:00〜「見る、触る、学ぶ、ホネのワークショップ」(井崎淳平さん)
→03.22 14:00〜「なにわホネホネ団、団長さんに学ぶホネの見所」(西澤真樹子さん

3 参加ご人数
4 ご連絡先携帯電話番号
5 メールアドレス

3 /  6 (金)更新:西澤真樹子さんのワークショップも定員に達しました。ここからはキャンセル待ちになりますので、ご希望の方はその旨メールをください。(参加いただけるかどうかはメールにて返信いたします)

————–————–

年末年始の営業日のご案内

もう2014年も残すところ数日ですね。
年末年始の1階の雑貨店の営業日時のご案内です。

—————————–
年内営業日:12月29日(月)まで
お休み:  12月30日(火)〜1月2日(金)
営業開始日:2015年1月3日(土)から通常営業開始

営業時間: 12時〜18時
定休日:  火曜日/木曜日
—————————–

皆様、本年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します!

また、代官山蔦屋書店、Spiral Marketで開催の「ウサギノネドコ展」
もどうぞよろしくお願い致します。

開催日時が若干変更になっておりますので、
(大きな変更としては蔦屋さんでの会期が12月28日までの会期が27日になっています)
そちらも合わせて、以下のページよりご確認頂ければと存じます。

http://usaginonedoko.net/wp/?p=450

オリジナルポストカードの販売

sakiさんに描いて頂いた絵を
ウサギノネドコでポストカードとして販売していましたが、
新作を3つ描いてもらいまして、12月より販売いたしております。

まずはその作品をご覧ください。

rafflesia

babyrousa

winged

以下の3つは従来より販売していたものになります。

kujira

benitengu

rock

どれも、ものすごい緻密でしょ?

これ何と全てミリペンで描いていらっしゃいます。
新作のバビルサの頭骨は何と30時間超もかかったとか!

気が遠くなります…
(でもsakiさんによると、バビルサが一番楽しかったとか!)

これら原画は全てウサギノネドコに額装して飾っておりますので、
是非お店の方に見にいらしてくださいね。

ポストカードの販売価格ですが、これまで税込価格で
330円で販売しておりました。

ウサギノネドコだけでの販売を前提に
少量しか刷っていなかったので、どうしても1枚あたりの原価を
考えるとそれくらいの価格になってしまっていたのですが、

これを機に印刷数量を大幅に増やし、
1枚あたりの印刷コストをグッと抑えました。

それによって販売価格もグッと下げまして、
1枚税込162円(税別150円)で販売することにしました。

ウサギノネドコ以外のお店にも、
これからたくさんご紹介していこうと考えています。

従来の価格で買って頂いた皆様におきましては、
大変申し訳ございません!!

上記のような私共の事情で価格変更をしておりますが、
新作もどうぞよろしくお願い致します。

また引き続き新作をsakiさんには是非描いて欲しいと思っています♪

ウサギノネドコ展@代官山 蔦屋書店

20141201_ウサギノネドコ展_FBDM

告知が遅くなりましたが、本日から東京で
「ウサギノネドコ展」を開催しております。

メインヴィジュアルは我らがデザイナー怡土希帆さんです。

まずは12月1日(月)〜12月28日(日)まで、
まずは12月1日(月)〜12月27日(土)まで、
代官山 蔦屋書店さんでの展開からのスタートです
(1月4日からは青山のSpiral Marketさんでの展開です)。

代官山 蔦屋書店は、
1号館の「人文コーナー」での展示販売となっております。

2カ所に分かれておりますので、
是非、両方ご覧になってくださいね。

エスカレータ横にsola cubeを中心としたコーナーと…

IMG_1713

「小部屋」と呼ばれる360度本に囲まれた書斎のような素敵な空間に、
uninocoを中心としたコーナーが展開されています。

IMG_1693

蔦屋書店さんに置いてある本と、標本たちが、とてもマッチしていると思います。

今回のフェアに合わせて、
sakiさんに新たに博物画を
描いていただきました。こちらのポストカードもご用意しております。

これで、sakiさんのポストカードは全6種類になりました!

プリント

そして、ウサギノネドコのスタッフである青山聡志の作品、
「フロウナイト」も展開していますよ。
光を照射してから暗闇で見ると光る、人工鉱石です。

店頭にその体験をできる装置もあるのでお試しください。

10696426_597138137075824_7219234830660200674_n

■ウサギノネドコ展 開催詳細
————————————–
★代官山 蔦屋書店
■期間: 2014年12月1日〜12月28日27日 21時まで
■住所: 東京都渋谷区猿楽町17-5 TEL: 03-3770-2525
■時間: 7:00〜20:00
■URL: http://tsite.jp/daikanyama/
————————————–
★Spiral Market
■期間: 2014年12月29日(月)〜2015年2月15日(日)
(12月30日(火)〜1月3(土)までは休館)

■住所: 東京都港区南青山5-6-23(スパイラル2F)
■時間: 11:00〜20:00
■URL: http://spiralmarket.jp
————————————–

カフェ店長候補を探しています

突然ですが、ウサギノネドコがカフェを始めます。

オープン時期は、まだ少し先ですが
2015年夏頃を目処に考えています。

場所は現在のお店の、壁を挟んだ隣の町家で、
ウサギノネドコが今の倍の空間になります。

「ん?なぜウサギノネドコがカフェ?」

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

私達としてはまったく新しく飲食事業を
はじめるというよりは、

ウサギノネドコが伝えたいと思っている、「自然の造形美」
を体験できる場を広げていきたいと考えています。

これまでの「泊まる(宿)」「買う(雑貨店)」だけでなく、
「飲む•食べる」「人と交流する」そして「空間を楽しむ」へ。

自然史博物館の中に、展示物を眺めながら
楽しむことができる「博物カフェ」があったらどうか、
を是非、想像してみてください。

360度、知的好奇心を刺激する、
そんな空間を目指したいと思っています。

これまで

●自然の造形美展
●出張鉱物Bar
●ウニ展
●ウニの日茶会

などなど博物学周辺でいろいろなイベントを開催してきました。

ウサギノネドコにカフェができることで、
そうしたイベントを、もっと頻繁に開催していきたいと思っています。

そして動物、鉱物、植物を中心にした、
自然の中の美しく、不思議なものを、
みなさんに伝えられる、ハブになりたいと考えています。

もちろん堅苦しくなく、
日常使いできるカフェを目指したいとも思っていますので、
オープンしたあとには、どうぞ気軽にいらしてくださいね。

ということで前置きが長くなりましたが…

そんな博物カフェを一緒に
つくりあげてくれる人(店長候補)を募集します。

●メニュー開発
●食材の仕入れ
●売上、原材料費管理
●調理
●日々のオペレーション
●スタッフのシフト調整
●接客

などなど…飲食店としての重要なことの
責任者を探したいので、

基本的には飲食店経験者を考えていますが、
まずはウサギノネドコの世界観やヴィジョンに共感し、
強い想いで共につくりあげてくれる人を探しています。

以下、募集要項になります。

自薦はもちろん「こんないい人がいるよ!」などの
ご紹介もお待ち申し上げております。

お問い合わせも、気軽にお寄せくださいね。

2014年11月8日

株式会社ウサギノネドコ 代表取締役 吉村紘一

——————————
2015年5月7日(木)現在、おかげさまで
採用が決定しました。ありがとうございます。
オープニングスタッフの募集などは現在のところ未定ですが、
ご興味のある方はお問い合わせください。

■応募資格:  基本的にはメニュー開発などからお任せできる「飲食店経験者」を考えていますが、
熱意を重要視したいとは思います。

■雇用形態:  店長(契約社員) ※正社員のキャリアパスあり

■採用人数:  1名

■勤務地:   京都市中京区西ノ京南原町37(現在のウサギノネドコの隣)

■雇用開始:  2015年7月〜8月からを考えています
(それまでにメニュー開発など、何度か打ち合わせ、試作などして頂きます)

■給与・待遇: ご経験、スキルに応じて、話し合いの上決定していきたいと思います。

■休日・休暇: 話し合いにより決定していきます(労働基準法に準じます)

■応募方法:  まずはinfo@usaginonedoko.netまで、以下の内容をメールください。
次の採用ステップについてなど、こちらから改めてお返事いたします。

1)お名前
2)生年月日
3)性別
4)現在に至るまでのご経歴
(特に飲食店経験があれば、店舗名/職務内容/勤務年数)
5)ご連絡先(メールアドレス/携帯電話番号)
6)志望動機をお聞かせください(文字数制限無し)

■スケジュール: 2014年11月より随時、採用面接を開始いたします。
採用が決まり次第、応募受付終了となります
(2015年初旬には、採用を決定したいと考えています)

■その他の情報: 採用に関しての新しい情報は、
ホームページもしくはfacebookページを通して発信していきます。

ホームページ: www.usaginonedoko.net
facebookページ: https://www.facebook.com/usaginonedoko?ref=bookmarks