Unimaru / Concept

- Concept - 色鮮やかな「ウニの骨」のアクリル封入標本

外敵から身を守るために、全身をトゲで覆うウニ。
あのトゲの下にはこのような美しい骨があるのをご存知でしたか?
ウニの骨格を天然無着色のままアクリルに封入したオブジェ、それがUnimaru(ウニマル)です。
ウニの骨は繊細で割れやすいのですが、アクリルに封入することでその難点をカバーしています。
また、職人の手でアクリルを一つずつドーム状に削り出していますので、
骨格そのままとは一味違うユニークな見え方もお楽しみいただけます。

- Package - パッケージ

海の底からウニを探しだし、そのまま箱に閉じ込めたような。
そんな印象を感じる濃紺のパッケージをつくりました。
凹凸感のある紙を使用することで、ウニの殻のテクスチャーを再現。
ざらりとしたリアルな手触りを感じられます。

蓋にはウニの殻の構造をモチーフにしたイラストを銀箔で箔押し。
光の反射でパール色に輝くその模様は、海面の波の揺らめきを連想させます。