sola cube / Concept

- Concept - 植物の美しいかたち

生命誕生から38億年。
植物はその命を未来へつなぐため、花を、果実を、そして種子をつくりあげてきました。
ただ生きぬくために削ぎ落されたその規則的でストイックなフォルムは、自然が生み出した究極の機能美と言えるでしょう。
その美しい瞬間をとらえて、4cm角の透明のアクリルキューブに封入。
子供にとっては、知性と感性を刺激する立体図鑑として。
大人にとっては、生活を彩るインテリアやギフトとして。
どの世代の方にもお楽しみいただけるプロダクトです。

- Naming - 手のひらの上の「小宇宙」

小さな植物をじっと観察していると、
そこには宇宙そのものが内包していることに気がつかされます。
sola cubeの「sola」は、「宇宙」を意味する「宙(そら)」から名づけました。
また植物と対峙した時に、「空(そら)」のように広がるイマジネーションの世界も、名称にはこめています。

- Craftsmanship - 卓越した職人技術

sola cubeは日本の職人の手と技により、ひとつずつ丁寧に作られています。ひとつのキューブが完成するまでに、1週間~10日ほどの時間がかかります。


制作過程

ステップ1 土台作成

sola cubeより一回り大きい型(5~6センチ角)に液状のアクリルを流し込み、ジェル状に少し固まったところを土台に、乾燥植物をいれます。

ステップ2 加圧

型の中にさらにアクリルを流し込みます。続いて真空状態の釡に入れ、圧をかけ、中の気泡を抜いていきます。

ステップ3 熱処理

アニールと呼ばれる熱処理をおこないます。
3時間から4時間ほど、約80度程度の温度で熱をかけ、アクリルの結合状態をより安定させます。
この行程を経る事で、固さが安定し、長持ちするキューブになるのです。

ステップ4 加工

封入されたキューブをノコで4センチ角のキューブにカットし、カンナがけしていきます。
この段階でキューブの角を丸めます。

ステップ5 磨き

表面をバフで磨いて、ピカピカな状態に仕上げ完成です。
※封入する植物によって製造工程や使用する樹脂が異なります。

※最近、sola cubeの類似した商品を見かけるようになってきました。類似品には十分にご注意ください。